しがらみのない政治

2010年12月02日 (木)

カラス

直下・近隣の歩道

カメラを向けると直に飛び去るカラス。この木には画像の3、4倍の数が休憩している。


●カラスはどこへ?

近年都心部においてクローズアップされる機会の多かったカラス問題。私自身地域の方々との生活の中でそのカラス問題が話題になることがしばしば。私自身生まれも育ちも地元なので当然その変化は常に肌で感じている。

今回はカラスについてまとめてみます。

数年前に比べ最近のカラス被害の報告はこれまでの行政の対応や、又、市販されているカラス対策の商品による個人個人の努力によって、その被害は市民全般から局地的なものになりつつある。それによって市民の総意的な被害意識は薄れてきていると言える。

しかし、このカラス、対策によってその場を追われただけであって現実として、いるところにはいる。つまり広範囲的な被害から局地的な被害へと移り変わっているのが現状。

カラスがもたらす苦情・被害

① 家庭ゴミの集積場を荒らす

② カラスの休憩場所での糞害

この2点が住宅街や商店街で目立って多く寄せられていた苦情であり被害である。この2点のうち、①のゴミ集積場の苦情については防鳥ネット等での対策が目まぐるしいスピードで達成されつつある。しかし、家庭ゴミから潤沢な餌を得てのうのうとその個体数を増やし続けてきたカラスは何処へ行ったのか・・・・

●住宅街を追いやられたカラスたち

カラスたちは世間一般で言うところの「自然」に返って行っている。そしてその自然とは「畑」であり「樹林地」である。つまりその畑や樹林地が個体数の増えたカラスたちを一身に抱えてしまっているというのが現状で、これが局地的な被害である。畑や樹林地に隣接している住宅や近隣道路への被害が以前に増して過酷なものになっている。

農家においては生計を立てるための商品(野菜・果実・花)に被害が及ぶので深刻。また比較的頭の良いとされるカラス、悪戯を覚えてしまうカラスは商品や商品となるべくして育てている途中の作物にまで被害を及ぼすので我慢はおろかとても無視できるものでは無い。

■鳥獣保護法と有害鳥獣駆除の許可申請

鳥獣保護法により、許可なく卵やヒナを捕獲し処分することは禁止されている。やむを得ずヒナを捕獲したり処分する場合は事前に許可が必要で、カラスに限らずハトやツバメ、スズメやトビなどの全ての野生鳥獣は鳥獣保護法により許可なく捕獲したり処分したりすることが禁じられています。

■横浜市

○横浜市のカラス対策及び方針は、家庭ゴミをネット等で遮蔽し荒らされるのを防ぐ

○結果カラスの餌となっている家庭ゴミを与えない事による慢性的な餌不足を狙いその個体数の自然減を狙う

はてさてこのカラス、どこまで個体数を減らせば苦情や被害が無くなるのでしょうか・・・・・・

2010年09月28日 (火)

認知症への理解を深める



●東京医療法人健和会:看護介護政策研究所長 宮崎和加子氏の講演を聞きに行ってきました。

ここ数年、私の近所においてもグループホーム施設が多くなっています。道路で数人の高齢者グループが散歩をしている姿を見かける、これは誰にでも心当たりがあることで、日常生活のなかの当然の風景となっている事でしょう。しかし私たちが知っているのはその散歩をしているという風景だけで、実際その高齢者の方たちがどのような生活を送っているのかまでは知り得ない事でしょう。今回の彼女の実体験からくる重厚な講演、大変説得力があり彼女の方針の下、運営されているグループホームの中の高齢者の方たちの生活の実情を詳しく知り理解する事が出来ました。

実際に彼女が抱えた家族の問題から、自身の運営するグループホームの状況をパワーポイントを織り交ぜ事細かくお話いただきました。当事者やその家族でなければ到底知る由もない苦労等、認知症というものへの理解、そして認知症の方への接し方が分かりました。

「~させていただく」だけの精神から、

「できない事は支援しながら、自分で生きる力を引き出す。」の看護介護へ

看護介護をする側の基本(方針)をどこに置くか・・・

認知症の方には自身で常に考える環境が必要、自立を続けていける環境の中に身を置く事が良いという考えから「できない事は支援しながら、自分で生きる力を引き出す。」を実践、抜け殻になった様な方が、表情を取り戻し生き返ったような姿を取り戻すことに成功している。これが氏の基本方針であり、運営するグループホームの方針。生かされているではなく自ら生きる。

地域の中で、ケアのプロのサポートで 小集団 共同生活

「自分の事は自分でする」

「身体機能を存分に使う」

「頭を使う・考える・選択する」

「人とのかかわりを中心に」

2010年09月09日 (木)

世界最大のブナ林


●平成5年世界遺産に登録された白神山地世界遺産

地元で参加している団体において、青森県と秋田県をまたぐ広さ世界最大を誇るブナ林、白神山地へ視察へ行きました。

縄文杉・弥生杉で有名な屋久島と同じ時期、平成5年に世界遺産に登録されたこの17000ha白神山地。

中心部は、伐採などの人の手が全く入っていない原始的な状態のままだそうで、この森の中において8000年以上にわたって沢山の種類の植物・動物が共に世代を繰り返してきているとのこと、全く気の遠くなるような年月です。

私が立ち入ったところは指定域の外の人の手が入って遊歩道が整備されているブナ林でしたが、大変気持ちの良いところでした。画像で伝わるかどうか・・・・・・・

※数枚撮影したところで何とデジカメが故障!壊れる物なんだな、と思った。

■横浜市内の緑地が物凄いスピードで減っています。

日本人ははるか昔から緑と共に生活をして、文化を育んで、そして世代を繋いで現在に至っています。

酸素が必要だから、、等という観点からではなく、生物的、潜在的な観点から緑の無い生活が人間、日本人にどの様な影響を与えるのか、本当に心配です。

2010年08月19日 (木)

横浜市北部でのヒートアイランド現象発生の解明調査の見学


横浜市都筑区や港北区など同市北部でヒートアイランド現象が起きている原因を解明しようと、横浜市環境科学研究所が8月16日から18日までの3日間、都筑水再生センターと根岸森林公園の2か所で気球を揚げ、上空の風向きなどの調査を開始。上空300メートルの地点まで1時間ごとに気球を揚げ、気球に取り付けた計器で上空の風向き・風速・気温を観測。市内ヒートアイランド現象発生原因の解明や今後の市内の対策の基礎資料として蓄積されていく。

■8月16日に現場へ訪れてみました。

その日は朝から大変気温湿度の高い一日、終始汗を拭いながらの見学となりました。結果として、その日は朝から観測気球の打ち揚げには適さない風のため、午前中は上空50メートルまで、午後は中止の繰り返しになり上空へ揚がっている気球を見ることは出来ませんでした。隣接する民有地上空や、特に米軍基地上空へ入ってしまうことが問題になるという事です。

私たちにとっては地上でスタンバイ中の気球を間近で見るだけになってしまうところでしたが、研究所の職員の方が一般の見学者へ大変親切に説明をしてくれて、一般見学者有りきを想定しての調査観測であるという事がうかがえました。私の訪れた最終日の午後の最終打ち揚げ時間は、一般の見学者は5~6人程度でしたが、前日の15日は天候のコンディションも良くそこそこ多くの見学者がいたそうです。一般の方々へ環境問題の関心を高める上でも良い企画だったのではないか、と思います。

気候変動が及ぼす地球上の生態系への影響は甚大です。環境問題や異常気象に関心が高まっている昨今、未来へ繋がる調査をご期待申し上げます。

■気球

イベント関係会社からのリース

保管場所や専門的なメンテナンスにかかる費用を考えると、リースが適していると思われる。

2010年07月17日 (土)

重くも重し 我らが使命

私の母校東京農業大学の学歌の中の一節です。

今回の補欠選挙の候補者の中で、唯一私が 「泉区生まれ」 の候補者でしたが、選挙後の4名の市会議員が揃った現在 「泉区生まれ」 の泉区選出市会議員が存在しなくなりました。

地方議員、横浜市の場合は市会議員が地元の皆さまと最前線で接する議員です。

地方分権・地域主権を強く推奨する政党でもあるみんなの党

地域の問題を解決するにあたって必ず必要だと私は考えます。

永きにわたり地域に密着して生活をしている方々、先祖代々泉区に住んでいる方々、こういった方々と泉区行政との間のやり取りや問題等の解決に支障が出ないのか・・・・・・・・・

泉区政が低迷・停滞しないか

これについて心残りがありますが、選挙結果が正しい民意と受け止めています。

4人の中に最低1人は地元生まれの市会議員が必要ではないか・・・という2回目同様の位置づけの下、引き続き私は政治活動を続けて参ります。

2010年07月17日 (土)

選挙を終えて

昨日7月17日に父横山栄一の四十九日法要(中陰期)が終わりました。

一週間が経過したにも関わらずまだ疲労が残っておりますが、本日より活動を再開いたします。

よろしくお願いいたします。

2回目の選挙も残念ながら当選には至りませんでしたが、1回目の選挙とは違い、応援してくださっている方々からの暖かく熱のこもったたくさんのご声援を肌で感じる選挙期間でした。

大通り、幹線道路、住宅街、田園地帯・・・・・・・・私が訪れた全ての場所でたくさんの声援を頂きました。連続の選挙でしたので告示初日から既に疲労困憊での選挙突入、本当にたくさんの方々に後押しをされての、そして支えられて最後まで戦い抜く事が出来た選挙でした。

選挙期間最終日7月10日午後には、熱中症でしょうか、、、右手から神経障害が始まって全身に広がり、呼吸もおかしくなり、自身何をしゃべっているのか分からなくなり、途中数時間の休憩を余儀なくされました。結論としては心身共に限界まで達した悔いの無い選挙だと納得できております。

■横浜市会議員泉区補欠選挙(平成22年7月11日投開票)

当24,594【 民 主 党 】 松本

次24,480【みんなの党】 横山ゆうたろう(私)

14,680【自由民主党】 梶村

5,187【日本共産党】 横山

※選挙後のいかなる御礼も禁止されておりますので、ここには何も綴れません。

1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ