しがらみのない政治

2017年03月23日 (木)

IRとは~その2

 

前回に引き続きIRについて綴ります。
今回はカジノが行政に収める納付金です。
28年12月に国会で可決された【特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律】の第12条によると、「国及び地方公共団体は、別に法律で定めるところにより、カジノ施設の設置及び運営をする者から納付金を徴収することができるものとする」とあります。
これが納付金制度についての根本的な根拠となります。
条文の中の「~別に法律で定めるところにより、~」という部分の法律作成は、国レベルで現在進行中。
つまり未発表ですので、国会議員や市長やマスコミが何と言おうと、現段階では憶測という事になりますが、年間5千円や1万円でない事は断言できます。
数十億円であろうと思います。
市民の皆様からの税収入以外で、これだけ大きな安定財源が確保できる仕組みは貴重です。
2019年に横浜市が人口減少化を迎える中希望となる安定財源であると言えます。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ