しがらみのない政治

2014年06月20日 (金)

平常心を失う。

今月私は41才になります。41才が社会的に成熟している年齢なのかそれともまだまだ未熟な年齢なのか。

なかなかの難題です。

日頃からそんな難題に対して自問している私ですが、1才と4歳の息子がいます。

可愛いです。

 

 

前回の市政報告でとある事件について書きました。

日々小出しにされる捜査内容。
被告である父の供述。
その供述から当時の状況が明らかになってきます。


6月20日晴天、早朝にW-cup日本対ギリシャが行われた日。
本日も記事が出ました。

平常心を失わせる記事ですが、亡くなった幼児の切なさ無念さを知って、私の胸に刻むことが少しでも理玖君の供養につながると思って目を通します。


幼児期から外部との交流を遮断され、電気も通じていない空間。

自分の着替えどころかゴミが1メートルも積みあがっていた状態の密室。


理玖君にとって唯一の刺激はパパだけだったのでしょう。

理玖君にとって自分以外の人間の存在はパパだけだったのでしょう。

パパ以外は知らなかったのでしょう。

たまに姿を見せるそのパパに何を話し掛けてよいのか分からなかったのでしょう。

幼いなりに自問自答して導き出した言葉を恐る恐るパパに掛けた事でしょう。


ただただ理玖君、本当に可愛そうです。

多くの事件事故が発生し、犠牲になる方は沢山います。

虐待の事件もたくさん発生しています。


どれもこれも被害者にとっても被害者遺族にとっても理不尽なものばかりです。

しかし何故この事件に、一つの事件に対しここまで私の感情が入るのか。

二児の父として感情移入するというだけの事のなのか・・・


ただただ安らかに成仏してもらいたい、今となってはその一点を願うと共に、もし生まれ変われることがあったなら来世では人一倍幸せになってもらいたと願うばかりです。

≪記事≫

●毎日新聞1

●毎日新聞2

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ