しがらみのない政治

2013年01月24日 (木)

お食い初め(おくいぞめ)

昨年10月に生まれた次男が100日を迎えた。

長男の時と同様自宅にて「お食い初め」の儀式を家族で祝った。

次男は生後三か月、まだ首が座っていない。

顔の肉や皮も固まっていないので、座らせると画像の通りデレ~ンと顔の肉が垂れ下がり、いわゆるお多福顔になる。

今回関係のない長男はケーキが気になって仕方がなく、フライングで人差し指を突っ込んでしまったりと、全くもって聞かん坊。


■説明

個人差はあるが、新生児の生後100日頃に乳歯が生え始めるため、この時期に「一生涯、食べることに困らないように」との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式である。

この儀式は、平安時代から行われてきたものである。

江戸時代には、生後120日経つと、飯や魚、5個の餅、吸い物、酒などの膳部(ぜんぶ:膳にのせて供する食物・料理)をそろえて幼児に食べさせる真似をした。

伝統的な形の「お食い初め」は、一汁三菜の「祝い膳(いわいぜん)」が用意される。

これには鯛など尾頭(おかしら)つきのおよび、赤飯・焚き物・香の物・紅白の餅のほか、吸う力が強くなるようにとの考えから吸い物(汁物)、歯が丈夫になるようにとの考えから歯固め石が供される。

「歯固め石」は古くからの習わしでは地元の神社の境内から授かるもので、儀式が終われば再び境内へ納める。

小石の代わりに固いクリの実を供する地域もある。


長男の同時期と比較すると次男は圧倒的に大きく、そしてこの子の特徴はとにかくよく笑う。キャッキャと笑います。


パパを追い越して190センチくらいまでいっちゃうかな?

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ