しがらみのない政治

2017年02月05日 (日)

29年度予算の審議~その1

 

2月1日より横浜市議会(定例会)が開会しました。
年間4回開催される定例会でこの第一回定例会が一番重要とされています。
4月から始まる新年度の予算を審議する場だからです。
因みに今年の夏には横浜市長選挙も控えておりますので、林市長にとっては任期中最後となる区切りの予算編成でもあります。
さてお金の話ですが横浜市の一般会計当初予算案ですが29年度は1兆6500億に達しました。
数年前に横浜市の一般会計が1兆4千億に達した時には「凄いな~」と思っていたのですが、その後の数年間でここまで来ています。
横浜市の人口がじりじりと増加しているので市民税収も比例して増えていますが大きな変更点は以下。
公立学校関連の予算が政令市に限り都道府県から移譲された事が大幅増の理由です。
横浜市に関しては約16,000人分の人件費(義務的経費)が一般会計予算に組み込まれたという事です。
ねじれが解消された形です。

 

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ